温泉揚湯管

ファイバーグラスシステムズFIBER GLASS SYSTEMS
揚湯管・ケージング・温泉パイプ

 米国テキサス州で1968年に設立され、現在世界では石油掘削分野でのグラスファイバー製品としてNO.1の市場占有率と最高品質の評価を得ています。商標Starの高圧ファイバーグラスチュービングは初めて4000psi(280kg/cm^2)の製造に成功しています。さらにStarはファイバーグラス製チュービングのネジ締め・ネジもどしの性能を向上させたACTを導入しました。

<特徴>
耐腐食性能
 CO2・H2S及び塩水を含む温泉には腐食に耐え又電触の発生はありません。
設置コストの削減
 ファイバーグラスは金属よりも軽い(比重約1/4)ので取扱いが容易です。しかも長さも標準9mなので揚湯管の据付時間を短縮できます。
摩擦係数が小さい
 パイプ内部が滑らか(ヘーゲン・ウィリアムズ C=150)なので圧力損失が少なく、酸化物等のスケール沈着が少ない。
ネジ締め・ネジもどし性能の向上
 高精度成形(ACT)では、最高50%のネジもどしトルク低減が出来て、作業性を昇げてトルク等の締結器による損傷を最小限にします。従って規定されたトルクで締めれば30回以上のネジの締め作業が可能です。規定トルクは金属に比較して低トルクです。またポンプの振動に因るゆるみはほとんどありません。
熱伝導率
 鉄に比べて約1/200なので、温泉水の熱が逃げにくいので揚湯中の湯温の低下が少ない。


おしらせ / 井戸工事 / 水処理 / ソーラーポンプ / 製品販売 / 紹介記事 / 会社案内 / お問合せ